スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐったり・・・。

本日の予定、午前中池田山でバギー、午後からトータルでツーリングだったのですがB4のダンパーのせいで1パックもやることができませんでした。

前日、B4のダンパーをメンテしようと分解して、新品のOりんぐ(MIP)を組み込んだのですが、オイルを入れる前はスルスル動くのに、オイルを入れると激シブになるという謎の現象が出現!!

上記の事を解決するべく10時にトータルに行き、あ~でもない、こ~でもないとダンパーをいじくること5時間・・・。
結局、原因は分かりません。以前からB4をやっている人にも見てもらいましたが原因不明!!

すっかりアソシダンパー嫌いになって、ヨコモダンパーにすることを決意、ゲットでBC用のダンパーを購入。ダンパーの構造はBD等と同じなので心配ありません。

家に帰り早速ダンパーを組み立てます、オイルを入れる前に作動を確認、スルスルです。次にオイル(アソシ15)を入れます、ピストンを動かしているとだんたん渋くなってきます。まさかと思いヨコモ製のオイルに交換するとスルスル動くようになりました。

そうです!!原因は
アソシ製ダンパーオイル(15)
だったのです。
アソシのダンパーをヨコモ製のオイルで組み作動を確認していないので確定ではありませんが90%間違いないと思います。アソシオイル(15)を使用してからシブシブ現象がでてきたのです。このオイルを使用するとOリングがダンパーシャフトに絡みつくように動きが悪くなります。まさかオイルでこんなことになるとは・・・

BC用のショックボディはアソシ製の物より2~3mm長いので、サスのストロークが少なくなります。手でシャーシをおすとシャーシが床に着くと同時にダンパーが一番短い状態になります。←こんなんでいいんでしょうか?やっぱりもう少しショックボディが短い方がいいのかなぁ?
ヨコモ製はメンテがやりやすいので好きなのです。アソシのOリングをバチンとはめ込むのどうも・・・Oリングをとるときも力ずくだし・・・。
スポンサーサイト

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

supi

Author:supi
ホビー派へようこそ!

カテゴリー
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新の記事
最近のコメント
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。